子どもの人気職業で上位にランキングするケーキ屋。

お客様の特別な日に寄り添えるケーキ屋は、昔から女の子の憧れの職業の一つです。ですが、実際にケーキ屋はどんな仕事をしているかよく知っている人は少ないかもしれません。

また、ケーキ屋で働くには必要な資格はあるのでしょうか。ここでは、ケーキ屋の仕事内容、必要資格やお給料についてご紹介します。

ケーキ屋の仕事内容

ケーキ屋の仕事内容は、大きく分けて販売と製造の2つがあります。

販売スタッフは接客やレジ打ち、商品の陳列、箱詰めやラッピングなど様々な仕事をしています。

メインの仕事は接客ですから、笑顔でお客様に対応することが大切となります。

お客様からの質問に答えられるよう、陳列された商品に関する知識は身に付けておく必要があるでしょう。

また、ショーケースのレイアウトを任せてもらえることもあるため、ケーキを美しく見せることも仕事の一つになります。

製造は、ケーキなどのスイーツを実際に作る仕事です。

個人経営の小中規模店舗の場合は、実際に店舗内でスイーツを作ることになるでしょう。

しかし、チェーン店などの大規模店舗になると工場で生産されることが多く、ライン生産で単純作業を担当することになります。実際にケーキを一から作りたい場合は、全ての工程に携われる小規模店舗がおすすめです。

必要な資格やスキル

ケーキ屋で働くために必要な資格はありません。

しかし、製菓衛生師や菓子製造技能士の資格を持っていると、就職やキャリアアップに有利となります。

製菓衛生師は国家資格で、ケーキ屋などの現場で2年以上働くか養成施設で1年以上学ぶと受験が可能になります。

製菓衛生師の資格を持っていると、自分の店舗を開業するために必要になる食品衛生責任者の資格を申請のみで取得できます。

菓子製造技能士も国家資格で、菓子製造に関する知識を持っていることを証明できます。

資格の他に必要なスキルは、創造力やコミュニケーション力などになります。

販売スタッフはディスプレイやラッピングに、製造スタッフはケーキ作りのデコレーションなどに創造力が必要になります。また、ケーキ屋のスタッフはお客様に対する接客が多いため、コミュニケーション力は必須のスキルです。

やりがいはある?

ケーキ屋のお客様は、誕生日などの特別な日に来店することが多くなります。ケーキ屋は特別な日にケーキを提供し、お客様の笑顔を見られる仕事です。

また、季節やイベントごとで商品が変わることもあり、リピーターになってくれる人も多く、ケーキの感想を聞いたり楽しく接客ができるはずです。

お客様が喜ぶ顔を見られたときには大きなやりがいを感じるでしょう。

仕事面で大変なこと ケーキ屋は、クリスマスなどのイベント時には非常に忙しくなります。特にクリスマスとバレンタインは多くのお客様が訪れるため、1日中忙しいでしょう。

事前に注文して受け取りに来るお客様が多いので、販売スタッフもラッピングや受け取りなどをスピーディーにこなす必要があります。

また、製造スタッフはもちろんのこと、販売スタッフも高い専門知識が必要です。

接客時にお客様から質問されることが多いため、商品の説明やいつまで日持ちするのかなど、様々な情報をインプットしておくことが求められます。

イベントや季節によって商品が変わることがあるので、説明を間違えないように気をつけましょう。

お給料はどれぐらいもらえる?

パティシエの平均収入は約345万円です。初任給は15万〜20万くらいが相場になり、見習い期間中の給料は低いようです。

しかし、経験を積んでいくと年収も徐々に増えていきます。

パティシエの給料は低いと思われがちですが、ケーキ屋で働くことだけが仕事ではありません。

ケーキ屋で働いた後、大手企業でオリジナルスイーツの開発をしたりお菓子教室を開くなど、キャリアチェンジをすると給料アップも見込めるでしょう。
(参考:https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6)”