木造住宅を建てる上で欠かせないのが、大工の存在です。

大工は体力が必要な力仕事のイメージが強いですが、同時に頭を使うことが多い職業です。

地震や台風など災害の多い日本では、耐久性の高い建物を造る必要があります。

その為には材料の性質を熟知し、適材適所に用いることが肝心です。

手掛けた建物が長く残ることは大工にとってやりがいであり、誇りです。ここでは、大工の仕事について解説します。

大工の仕事

大工は現場仕事が基本となる職業で、木を使った骨組みや外壁等の下地、壁や天井の下地を作る仕事をします。建築現場では、実質的に現場を取り仕切る役目も果たします。

大工の主な仕事は建築士が作成した図面に従い、主に木造建築を建てることです。

そのための建築材料の加工も大工の重要な仕事の一つです。図面を正確に読み取り、寸分たがわず加工する技術が要求されます。

それ以外にも、建材や建築技術に関して深い知見が必要です。

一人前の大工になるまでの期間は、ハウスメーカーの建売であれば3年ほどと言われます。一方、自ら部材を加工する注文住宅などの場合は5〜10年くらいはかかります。

大工のやりがい

大工のやりがいには、モノづくりの喜びを感じられることが挙げられます。

それまでの人生で何かを作ったり、修理した経験は大工仕事にも通じるものがあります。

大工の世界は上下関係に厳しく、職人気質なところがありますが、腕が良ければ年齢に関係なく大きな仕事を任せられるようになります。

そうした職人気質が見られるのもこの業界の魅力でもあり、やりがいです。最近では女性がこの業界に飛び込む例が増加しています。

一方、昨今はハウスメーカーの建売住宅が増えており、職人気質の大工の需要は減少傾向にあります。それでも注文住宅の需要がなくなることは考えにくいため、専門の工務店などで活躍の場が見付かるでしょう。

大工に必要な資格

大工になるために必須となる資格はありませんが、将来的に有利になる資格は幾つかあります。木造建築物の組立て等作業主任者は、労働安全衛生法が定める国家資格です。

作業主任者は現場の安全・衛生を管理する役目があり、木造建築の現場には欠かせない存在です。資格取得には、専門の講習を受講する必要があります。

建築大工技能士は、木造建築物工事に必要な技能を認める国家資格です。

この資格は、雇用者が職人を採用する際の参考にされます。加えて、仕事を請ける側となれば、発注される機会が増えると期待できます。

そして、1級建築技能士や2級建築技能士になれば、自分で図面を引いたり、建築物のプランニングが行えるようになります。

大工になる方法

大工になるためには、工務店に就職するのが一般的です。

かつては大工の親方に弟子入りして修行を積んでいましたが、現在は工務店の育成カリキュラムで学ぶ流れとなっています。

工務店では、未経験でも採用率が高い傾向にあります。

現場の即戦力を志すのであれば、職業訓練校で技術を習得する方法もあります。また、将来的に自分で家を設計したいのであれば、技術系の専門学校に入るのも一つの選択肢です。

専門学校ではCADの使い方等も習得でき、設計に関する幅広い知見を身につけられます。工務店によっては、働きながら学べるカリキュラムを用意しているケースもあります。

今後の建築業界には、外国人労働者も増えてくると予想されます。そのため、現場を任される大工には語学力も必要になると言えます。

一人前の大工とは

大工として一人前と認められるのは、現場のマネジメントが出来るようになった時です。それは大工としての技能を習得した上で、棟梁として他の職人を指揮するということです。

一人前になれば独立する道も開け、一人親方や弟子を取る働き方が選べます。

独立するとなれば、自ら仕事を取って来る営業力も必要になります。一人親方は、工務店等とのつながりも大事になります。

そのためには良好な人間関係を築けるコミュニケーション力も求められます。そうした中で確かな仕事で信頼を得られれば、より大きな仕事を任せてもらえるようになるでしょう。

仕事の幅を広げるのに役立つのが資格の取得で、木造建築士になれば木造建築の設計から施工までを手掛けられます。