消防車に乗って颯爽と現れ、消火活動をしながら人を助けていく消防隊員に憧れる人もいるでしょう。

人の命を救う消防隊員はやりがいも大きいですが、その分大変なことやつらいことも少なくありません。

しかし、誇りを持ってできる仕事です。そんな消防隊員の仕事内容について、やりがいや大変なこと、お給料についてご紹介していきます。

消防隊員の仕事内容

消防隊員の仕事は火災の消火や人命救助、救急搬送をすることです。火災発生の通報後、現場に出動して消火活動をすると同時に火災現場にいる人を救助します。

現場だけでなく、周辺にいる人たちに危険が及ばないよう安全な場所に誘導するのも仕事です。消防隊員は火を消すことだけが仕事ではありません。

交通事故などが起こった場合には、事故現場でケガ人の応急手当てなどをするのも任務の一つです。また、山や河川などで災害が起こった場合の救出活動も行います。

救急隊員は火事が起こらないように予防をするのも役割です。学校や会社、地域などで防災訓練を行うなど防災に関する意識を高めるのも仕事です。

さらに、建物の消火設備の状況を確認し安全かどうかをチェックしたり、建築中の建物の状態を検査することもあります。

必要な資格やスキル

消防隊員は所属する部署によって必要な資格が異なります。救急隊員として仕事をする際には救急救命士の資格が必要です。

また、大型自動車を運転する免許やクレーンの作業をするために必要な免許、ヘリコプターの運転免許などがあれば仕事の幅が広がります。

消防隊員はこのような資格がないとなれないわけではありませんが、消防隊員として仕事をするには公務員試験を受けて合格しなければなりません。

採用試験を受けるには視力が0.7以上、片目で0.3以上あること、色彩識別能力や聴力が正常である必要があります。

さらに消防隊員として活動するには体力が必要です。採用試験では体力検査があります。

どのような検査があるかというと、上体起こしや反復横跳び、握力、20mシャトルランなどです。その他、危険な現場に飛び込んで行く強靭な精神力も必要です。

やりがいについて

消防隊員の大きなやりがいとしては、人の命を助けることができることでしょう。

危険な現場から無事に人を救えたときの喜びは大きく、その人自身だけでなく家族からも感謝されます。自分が地域の人をはじめ、多くの人の役に立っているという思いはやりがいにつながるでしょう。

誇りを持って仕事ができるのは魅力と言えます。そのためにも日頃から体力をつけ、危険な現場においても素早く適切に動けるよう訓練をします。

その訓練の成果が出て無事に人を助けることができたとき、大きな達成感を得ることができるでしょう。

仕事面で大変なこと

危険な現場で仕事をする消防隊員は、命がけで人の命を救う仕事です。現場では自分の命が危険にさらされることもあります。

24時間勤務で朝や昼間だけでなく、夜中も出動しなければなりません。

体力とともに強い精神力が必要です。強い精神力を持っていないと体力づくりや訓練にも耐えられない可能性もあります。

人を救うための訓練は厳しいものです。

それを乗り越えていかなければ、消防隊員としての役割を果たすことはできないでしょう。

また、どんなに優秀な消防隊員になっても、人の命を救えないこともあります。そのときの無念さはつらいものです。そのつらさを乗り越えていく心の強さも必要です。

お給料はどれぐらいもらえる?

給料は平均月給が394,599円、平均年収は718万円です(総務省平成30年地方公務員給与実態調査結果より)。

消防隊員には特殊手当と言われる手当がつくため、その分お給料が高くなる傾向にあります。

特殊手当には、危険作業手当、不快作業手当、重勤務作業手当、非常災害業務手当、消防業務手当があります。給料は地域や年齢によっても異なります。